40代 ライスフォース

ライスフォースとは

古来より主食とされてきたお米ですが、肌に与える影響力も昔から注目されていました。
米麹を扱う杜氏の手が白くてきれいであることがよく知られていて、米麹が肌の潤いや美白に効果があることが話題になったこともありましたね。

 

そのお米の力に注目したのが、150年以上の実績を持つ老舗の造り酒屋が、国や医療機関の協力を得て開発されたのがライスフォース製品の主成分となるライスパワーエキスです。

 

材料は国産の白米100%。
お米を蒸して、独自の製法で何日もかけてお米のエキスを抽出した後に、麹菌・酵母菌・乳酸菌を加えて90日間をかけて発酵・熟成させます。
発酵法の組み合わせなどで、効果が異なるエキスを取り出すことができるそうです。

 

現在開発されているエキスは36種類あり、その中でも「ライスパワーNo.11」は2001年9月に肌の内側から保湿する効果「水分保持能」があるとして、厚生労働省から医薬部外品の有効成分として認可されています。

 

水分保持能とは、肌がどれだけ水分を保つ力があるかというもので、この力は紫外線・乾燥・不規則な生活・加齢による理由で衰えていきます。

 

ライスパワーNo.11は肌自体が持つ水分保持能を改善して、バリア機能を高め、潤いある肌を取り戻すほかに、ドライスキン・敏感肌・シミ・くすみ・シワなどの加齢によっておこる肌のトラブルを起きにくい肌・悪化しにくい肌に改善し、保湿力がある肌を作ります。
コラーゲンやヒアルロン酸に比べると超低分子で、肌の水分と油分にも馴染みやすいために肌の奥深くまで浸透していきます。

 

こういった効果から、敏感肌や乾燥肌の人達から高い支持を得ていて、90%以上の使用者が潤いに満足しています。

 

製品の種類は、青シリーズ(ブルーの容器)の化粧水・美容液・クリームと、緑シリーズ(グリーンの容器)の化粧水・美容液・クリーム。
白い容器の美白美容液・ふき取り化粧水があります。

 

年齢肌、乾燥肌・敏感肌の方は一度は試してみる価値はあると思いますよ。