40代 ライスフォース 体験談

ライスフォース 購入のきっかけ(体験談)

私のお肌って若いころはと〜ても綺麗だったんですよ。
キメが細かくて、ぬけるような白い肌。
もちもちのぴっちぴち。
同世代の女の子からも羨ましがられるほどの自慢のお肌でした。

 

10代20代の頃は、他の子たちは日焼け止めや基礎化粧でお肌を整えていたのに、私はなんのケアもしないでこの肌を保っていられるものだから油断をしていました。

 

スキンケアは若いうちからちゃんとしておかないと、若い頃の肌の下に隠れていた肌トラブルが年齢を重ねてから出てくるのだそうです。

 

お肌の曲がり角とはよく言ったもので、お肌の衰えはちゃんとやってきました。

 

20代後半から少しづつ肌質が変化してきました。
肌の透明感がなくなり、くすみを感じるようになったし、うっすら出始めたシミやソバカスのカバーをするためにファンデーションの色味を濃いもにしなければいけなくなりました。

 

30代半ばには頬の毛穴が目立つようになってきましたね。

 

それまでは洗顔後にベビーローションをつけるだけでしたが、こういう状態になってやっと気合を入れてスキンケアをしなければ、といくつか話題のコスメを試してみました。

 

ところがです。
若い頃も敏感肌気味だったのですが、歳と共にホルモンのバランスが崩れたのでしょうかね、更に敏感肌が進んでしまったようで、試すコスメは全て肌に合わず、使用してすぐに吹き出物が出たり、肌が赤くなったり、ひりひりしたりと肌トラブルがありました。

 

それでも諦めずにお肌に優しいものが「絶対にあるぞ!」とネットや雑誌で目に付いたものはトライアルセットを買って試してみました。
そして、やっとライスフォースに出会ったのです。

 

まず、このライスフォースのどこが目に留まったかというと、お米のパワーというものですね。

 

テレビで「お酒を造る杜氏の人たちの手は、白くてシワがなくとても綺麗で、その秘密は麹にある」と話題にしていたことを覚えていましたから「これはもしかしたらいいかも!!」とピンと来ましたね。
それに、敏感肌の人でも使えて、肌トラブルを起きにくい肌に改善できるということも私には救いのコスメと感じ、すぐにトライアルセットを取り寄せました。