ライスフォース 成分

ライスフォースの成分

ライスフォースは美容雑誌や女性誌でも人気のコスメとして長年掲載・紹介されています。
ハワイではセレブが宿泊するホテルのスパでも使われているそうです。

 

リピーターも多く、愛用者には著名人や美容業界で働くプロも沢山いて、そのプロが人にすすめているぐらいなんです。

 

こんなに多くの人が愛用しているにはどんな理由があるのでしょうか。

 

使用した多くの人たちが満足している潤いに秘密があります。

 

それはライスフォースの有効成分「ライスパワーNo.11」です。

 

白米を蒸して独自の製法でお米のエキスを抽出し、そのエキスに麹菌・酵母・乳酸菌などを加えて90日をかけて発酵・熟成させてからライスパワーエキスを取り出します。

 

ライスパワーエキスは発酵・熟成方法を変えて、効果の異なるエキスを開発しており、それぞれのライスパワーエキスには番号が付けられています。

 

ライスパワーNO.11はそのうちのひとつになります。
このエキスは、2001年に「水分保持能を改善する効果」があると厚生労働省から認可を受けている世界でも珍しい有効成分です。

 

超低分子に分解されているので(分子が小さい)皮膚細胞の奥深くまで浸透していき、角質層に有効成分が留まって潤いを保ちます。
また、「水分保持機能の改善効果」のおかげで、使い続けているうちに肌の水分を保つ力が改善されて、紫外線や乾燥、肌トラブルに強くなります。

 

こんなに素晴らしい効果が得られる成分ならば、使ってみて効果を実感した人は使い続けていきたいコスメですね。

 

他に入っている成分で少し気になる成分は、エタノール(アルコール)ですね。
BG・DPGこの2種類もアルコールの一種です。

 

因みに、ほとんどのコスメには抗菌作用と清涼感を与えるためにアルコールが入っています。
最近ではアルコールを使っていない化粧品もありますが、そのかわりに衛生状態を保つために防腐剤や、界面活性剤が配合されている場合もあるそうですよ。

 

ライスフォースはエタノールが成分に入っているため、石油系の界面活性剤は入っていないのでお肌には安心と言えるでしょう。

 

アルコールに敏感な方がいると思います。
実は私自信がそうなのですが、ライスフォースを使ってみて、アルコールに対しての大きな肌のトラブルは起きませんでしたよ。
普通の方はもちろん、敏感肌の方も安心して使用できると思います。

 

 

 

 

>>ライスフォース公式サイトはこちら<<